神戸のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|神戸編】

50代の結婚に対する考えとは?

50代の恋愛と婚活の価値観

50代限定パーティー

むかし思い描いていた50代と、実際に自分がなって感じた50代、そこにギャップを感じませんか?

若い頃は50代がとんでもなく遠くに思えたでしょうし、「大人」と受け止めていたと思います。


ほんとのところ50代になってしまっても、感覚としては20代30代40代の頃と変わらないものです。
ただ、50代という社会的な「年齢」の認識によって、自分の心が取り残されてしまった気がしてしまいます。


その社会的な認識には「愛だ恋だと言う歳じゃない」というものもあるでしょう。
そう言われて「もう結婚は無理なのかな」と思い込む方もいらっしゃるかもしれません。
そんなことはありません。
「若い頃と何も変わらない」これが真実だと思います。

「この先もずっとひとりぼっち」と諦める必要も、悲観的になるのもおかしな話です。
おひとりでいる理由が未婚か離婚か死別、様々ではあると思います。
しかしそれらは「経験」であって、「背景」のひとつ。
魅力の一つと成り得ても、決してデメリットではありません。

 

50代の男女別の結婚に対する考えの違いについて

50代を独身で過ごしている方は、男性と女性に間に、結婚に対する価値観に若干の相違がみられるようです。
男性側は、結婚という形式を否定なさっていない方を多くお見かけします。


しかし女性は違う。
結婚経験がないアラフィフならば結婚生活へのあこがれや先行きへの心細さも手伝って、結婚を前提としたお付き合いを望む方がいらっしゃるでしょう。
また子供の為にと自分の幸せを後回しにして頑張ってこられた方の中には、再婚という第二の人生に踏み出そうと決断なさる方もいらっしゃいます。
子どもが巣立ち、今度は自分の幸せをというお気持ちでしょう。
今までの苦労を理解し「これからは自分が幸せにしてあげたい」と思ってくれる男性との出会いは、未来をとても充実したものにしてくれます。

しかしその反面今更結婚というものに縛られ、主婦として誰かの支配下に置かれるという煩わしさを警戒する方も多いものです。
根本的に女性は一人を楽しむ天才ですから、今の生活をエンジョイなさっている方はそうお考えかもしれません。
だからといって寂しさを感じていないわけではないのです。
一人で生きて行くということにイチマツの空虚があるものの、「好き好んで苦労を背負い込みたくない」「出来うるならばこの自由な生活は手放したくない」、そんな思いが勝ってしまうということだと思います。

アラフィフからの婚活こそ「恋活中心」なのではないでしょうか。
「恋愛」などというと面映い感じを受けますが、恋愛の形は若い頃とは違っていて当たり前だと思います。
二人で過ごす時間をのんびりと楽しみたいという穏やかで純粋な気持ちから、異性とのお付き合いを望まれていらっしゃる方を多くお見受けします。
必ずしも「一つ屋根の下で暮らすこと」をご希望されてなくとも、一生を共に歩むパートナーをお探しなのでしょう。
お互い独立した一人の人間として、ライフスタイルや価値観を尊重し尊敬し合いながら愛情を育み、もしその先に「結婚」という選択肢が見えてくれば… というスタンスだと思われます。

「婚活」や「恋活」という言葉には、ちょっと抵抗があるかもしれません。
しかし異性とのお付き合いは、毎日の生活をいきいきと若返られてくれるものです。
まさに「生涯青春」です。
若さの秘訣は、新しいものへの挑戦できるということかもしれません。
活動力があるシニアの世代の方々ですから、出会いの場はドンドンと広がっています。
趣味や習い事などの場も、出会いの場の一つでしょう。
「婚活パーティー」といったものも、とても有意義な出会いの場です。

試しに50代の婚活パーティーに参加してみてはどうですか?

 

 

 


 

 

 

婚活に関する悩み相談室

パーティー業者の紹介

婚活パーティーの口コミ

婚活攻略法!

婚活女性の花嫁修業日記

神戸のデートスポット

お問い合わせ