神戸のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|神戸編】

婚活パーティーで沈黙が続いてしまった失敗談

婚活失敗談その2:会話が続かずに沈黙。

婚活の気まずい沈黙

仕事に追われているうちに気がついたら30代もなかばを過ぎて、「結婚したいな」と真剣に思うようになり婚活を始めました。といっても正式なお見合いするような気持ちにはなれないし、やはり女性とは出会いからスタートして、自然とステップを踏むように結婚できたらと思ったので、カップリングパーティーに参加したんです。
結婚を考えている女性が集まるお見合いパーティーで、出会いさえ掴めれば、良さそうな人と連絡を取り合って、デートとかしながら「いつか結婚」という自然な流れができると思ったんです。

 

お見合いパーティーについては、あまりよく考えず、自宅からアクセスのいい場所で開催されるパーティーがあったのでそれに申し込みました。
男女合わせて40名ぐらいのお見合いパーティーで、最初に参加者全員がごく短時間ですけど1対1でお話をして、それからフリータイムになり、好印象の人にアプローチするスタイルです。
という事は、この1度のパーティーで、20名近い女性と知り合えるわけで、これなら絶対に好みの女性と出会えるだろうなと期待に胸がふくらみました。

 

せっかく好みのタイプに出会ったのだが・・・・

確かに、女性はたくさんいて、中にはぱっと見た目で僕の好みのタイプもいました
その女性との短いトークタイムの間に、彼女のプロフィールシートを確認したんですが、住んでる地域も全く僕とは縁がなく、草野球チームに所属していたりスキーが趣味の僕からすると、「映画鑑賞・読書」が好きという彼女に話すネタが見つからなくて……。
体育会系育ちの僕は、そもそも女性との会話が苦手。
勇気を振り絞って、「先ほどはどうも」と声をかけたんですが、彼女が「あ、こちらこそどうも」とせっかく笑顔を見せてくれたのに、その後がどうしても続かないんですよ。
せめてスポーツ観戦とか共通した趣味でもあればよかったんですが、映画も読書もまったく苦手で、苦し紛れに「映画が好きなんですか」とまでは問いかけたんですが、「はい」とうなずかれた後で、またまたながーい沈黙が。
よく考えたら「好きな映画は何ですか」の質問のほうがまだ相手も答えやすかったはずなんですが、舞い上がってしまい、緊張もありで、「映画が好きなんですか」という中途半端な質問になってしまった。これでは彼女も「はい」と答えて、その次が続かないですよね。

 

とにかく、「沈黙」は1度始まってしまうと、焦ってしまって、しどろもどろになってしまいます。
同じ趣味の人がいるとは限らないし、趣味の話で今ひとつ盛り上がらない場面もあるかもしれない。
「趣味についてはこんな質問をしてみよう」「もし同じ趣味がなかったら、
仕事の話をしてみよう」みたいに、おしゃべりが苦手な人は多少は前もって考えていった方がいいかもしれません。
共通の趣味以外にも、ちょっとした話題を考えていけば、長い沈黙に陥る事なく、積極的に女性にも声をかけられると思います。

 

 

 


 

 

 

婚活に関する悩み相談室

パーティー業者の紹介

婚活パーティーの口コミ

婚活攻略法!

婚活女性の花嫁修業日記

神戸のデートスポット

お問い合わせ