神戸のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|神戸編】

お箸のマナー

意外と知らないお箸のマナー

花嫁修業には欠かせないマナー。

知っているようで知らないことってたくさんありますよね。

そこで、結婚しても恥をかかないためにお箸のマナーについて勉強しました。

 

日本人が食事をする際に欠かせないものがお箸です。

洋食のフォークとナイフの使い方にマナーがあるように、
お箸にもマナーというものがあります。

ですが、使い慣れたお箸なので
知らず知らずのうちにやってはいけないお箸の使い方をしていることもよくある話です。

家の中だけならまだしも、一度癖になってしまったら
外食先でも知らず知らずに恥ずかしいお箸の使い方をしてしまうこともあります。

そうなるとやはり見た目にも悪い印象を与えますし、
やはり間違ったお箸の使い方は恥ずかしいものです。

特に女性は気をつけたいところです。

そこでお箸の使い方でしてはいけないことをあげてみました。

 

意外と知らないお箸のマナー

 

例えばこれはお箸でお皿を自分のところへ寄せている写真です。

これは「寄せ箸」といいます。

これはしてはいけません。

 

・「突き箸」「刺し箸」
突き箸とはお料理をお箸でついて食べることです。

お箸でつかみにくい丸いもの、

たとえば里芋の煮物やジャガイモ料理などを食べる時にしがちな間違ったマナーです。

 

・「持ち箸」
お箸を持ったまま別の食器を持つことです。

これはお行儀が悪いですよね。

 

・「迷い箸」

おいしそうなお料理がたくさんあってどれにしようかとお箸をもったまま動かすことです。

 

・「涙箸」

お味噌汁などを飲んだ時にお箸の先から汁がぽたぽたと落ちることを言います。

 

・「ねぶり箸」

お箸をなめることを言います。

これは以外にも知らず知らずにしている人が多いそうなので注意が必要です。

 

・「合わせ箸」

お箸とお箸で料理を渡すこと。

 

・「移り箸」

最初に取ろうと伸ばしていたお箸を急に違う料理にお箸を移して取ること。

 

・「渡し箸」

お箸を置く際にお皿の上にお箸を置いて休めることをいいます。

お箸を置く際には箸置きを使いましょう。

 

・「直箸」

自分の使ったお箸で直接大皿の料理に手をつけることをいいます。

ですから、たくさんの人で食事をする際には
「取り箸」を使って自分のお皿に移しましょう。

 

他にもたくさんのやってはいけないこのようなお箸のマナーがあります。

家では怒られなかったことも、いざ結婚してお嫁入りした時に
恥ずかしい思いをすることがあるかもしれません

もう一度よく確かめることも必要ですね。

このマナーは日本人なら守って当然のマナーなので覚えておきましょう。

以外にも私は「ねぶり箸」をしていたかもしれません。

もちろん無意識にですけどね。

 

 

 


 

 

 

婚活に関する悩み相談室

パーティー業者の紹介

婚活パーティーの口コミ

婚活攻略法!

婚活女性の花嫁修業日記

神戸のデートスポット

お問い合わせ