神戸のお見合いパーティー一覧【婚活応援ナビ|神戸編】

金封の包み方・ふくさ

金封の包み方とふくさについて

冠婚葬祭のマナーは知っているようで意外と知らないことが多いものです。
私は両親と一緒に住んでいるので困ったことはありませんが、一人だときっととんでもないマナー違反をしていることだと思います。
結婚してから恥をかかないためにもある程度のマナーを身に着けておこうと思います。

マナーが身に着いた女性は、婚活パーティーの場でもモテますからね!

 

さて、結婚式や法事などで包む金封。
紅白はお祝い事、黒白と黄白はお悔みごとや法事と決まっているのはご存知でしょう。ですがその金封を裸でバッグの中から出すのは女性としてはちょっとタブーなのだそうです。

「ふくさ」といってお盆に金封や贈り物を乗せ、その上にかける風呂敷の様なものがあります。

 

ふくさの包み方にもお祝い用とお悔みごとでは違いがあります。
お祝い事は左を折って中にし、上をたたんでから下をたたむ。最後に右をたたみます。
逆にお悔みごとの場合は右を先に折り、下をたたんでから上をたたみ左で閉じます。

金封もそうですが、お祝い事は下から福を受け、お悔みごとは下へ流すという意味が込められているそうです。

 

簡易ふくさがオススメ

 

一見難しく思いますが、それをもうちょっと簡単にしたものに「簡易ふくさ」というものがあります。これはぱっと開閉して渡せるようにした手帳やお財布のようなもの。
もちろん、これにも色や柄がありますので、お祝い用お悔み用と分けると尚いいでしょう。
私が購入したものは↓です。

 

金封の包み方とふくさについて

母が用意してくれたのですが、
お祝い用には紫の「松」が描かれたものです。
グレーのものは「流水」の柄が描かれています。

 

「松」は長寿やめでたい意味が込められていて 「流水」は不浄を流すという意味が込められています。
この簡易式のふくさは主に結婚式場や葬儀会館などに行く際に受付で金封を渡す時に使います。

 

裸のままで持って行く人やビニール袋に入れて持ってくる人も結構多いそうです。
ですが、それではさすがにちょっと周りから見ると恥ずかしいものです。


ですから簡易ふくさを持っておくと便利でいいと思います。

 

ちなみにですが、お祝いごとに渡す金封のお札は新札で。
これは新しい門出を意味するものです。手持ちに新札がどうしてもない場合は、ホテルのスタッフに聞いてみるのも一つの方法でしょう。

 

逆にお悔みごとに渡す金封のお札は新札を使わないのです。
新札を使わないことは昔からの風習ではありますが、どうしても新札がない場合は一度軽く折ってから香典袋に入れましょう。決してくしゃくしゃのお札を入れてはいけません。

 

日本には昔から冠婚葬祭のマナーがありますのでこれを機会に勉強するといいでしょう。

 

 


 

 

 

婚活に関する悩み相談室

パーティー業者の紹介

婚活パーティーの口コミ

婚活の基礎知識

婚活攻略法!

婚活女性の花嫁修業日記

神戸のデートスポット

お問い合わせ